金融資産状況 

資産状況

んにちは ミカエル2000です

現時点での金融資産を載せています ※ 2022年 9月時点

金融資産状況

現金・預金 個別株・投資信託 保険積立金 純金融資産 増減
2018年4月 3,101,808 946,000 3,500,000 7,547,808
2018年5月 3,232,140 946,000 3,500,000 7,678,140 1.7%
2018年6月 3,038,882 1,320,543 3,500,000 7,859,425 2.4%
2018年7月 3,008,882 1,473,961 3,400,000 7,882,843 0.3%
2018年8月 3,025,119 1,540,280 3,400,000 7,965,399 1.0%
2018年9月 3,009,021 1,634,519 3,400,000 8,043,540 1.0%
2018年10月 2,988,121 1,764,712 3,400,000 8,152,833 1.4%
2018年11月 3,195,960 1,749,154 3,305,000 8,250,114 1.2%
2018年12月 3,473,965 1,515,604 3,509,000 8,498,569 3.0%
2019年1月 3,274,917 1,333,207 3,509,000 8,117,124 -4.5%
2019年2月 3,384,917 1,514,399 3,525,000 8,424,316 3.8%
2019年3月 3,941,662 1,769,463 3,541,000 9,252,125 9.8%
2019年4月 3,837,309 1,967,553 3,557,000 9,361,862 1.2%
2019年5月 3,919,776 2,179,021 3,613,000 9,711,797 3.7%
2019年6月 3,624,208 2,041,584 3,679,000 9,344,792 -3.8%
2019年7月 3,922,101 2,225,885 3,695,000 9,842,986 5.3%
2019年8月 4,247,678 2,502,666 3,661,000 10,411,344 5.8%
2019年9月 4,357,678 2,604,443 3,877,000 10,839,121 4.1%
2019年10月 4,408,399 2,783,722 3,693,000 10,885,121 0.4%
2019年11月 4,498,034 2,944,493 3,679,000 11,121,527 2.2%
2019年12月 4,806,955 3,312,500 3,665,000 11,784,455 6.0%
2020年1月 5,224,121 3,613,891 3,681,000 12,519,012 6.2%
2020年2月 5,413,399 4,184,173 3,557,000 13,154,572 5.1%
2020年3月 5,627,435 3,840,217 3,573,000 13,040,652 -0.9%
2020年4月 5,627,435 3,840,217 3,573,000 13,040,652 0.0%
2020年5月 2,752,533 7,020,699 3,604,000 13,377,232 2.6%
2020年6月 2,930,211 7,736,183 3,571,000 14,237,394 6.4%
2020年7月 3,471,710 8,194,187 3,587,000 15,252,897 7.1%
2020年8月 3,390,241 8,636,045 4,819,000 16,845,286 10.4%
2020年9月 3,390,241 8,636,045 4,873,000 16,899,286 0.3%
2020年10月 4,125,451 8,746,046 4,889,000 17,760,497 5.1%
2020年11月 4,017,483 10,030,777 4,889,000 18,937,260 6.6%
2020年12月 3,901,033 12,969,487 4,940,000 21,810,520 15.2%
2021年1月 3,915,089 12,550,877 5,971,000 22,436,966 2.9%
2021年2月 3,629,118 14,593,931 6,002,000 24,225,049 8.0%
2021年3月 3,576,209 13,792,486 6,033,000 23,401,695 -3.4%
2021年4月 3,471,881 15,186,427 6,064,000 24,722,308 5.6%
2021年5月 3,766,269 14,998,478 6,095,000 24,859,747 0.6%
2021年6月 3,347,686 15,755,635 6,003,000 25,106,321 1.0%
2021年7月 4,063,116 16,201,889 6,034,000 26,299,005 4.8%
2021年8月 3,399,432 16,574,000 6,065,000 26,038,432 -1.0%
2021年9月 3,344,936 17,874,279 6,374,000 27,593,215 6.0%
2021年10月 4,686,936 16,672,434 6,395,000 27,754,370 0.6%
2021年11月 3,809,286 20,763,228 6,426,000 30,998,514 11.7%
2021年12月 3,903,699 20,334,568 6,457,000 30,695,267 -1.0%
2022年1月 3,998,994 19,263,729 6,512,000 29,774,723 -3.0%
2022年2月 4,108,967 16,108,942 9,459,000 29,676,909 -0.3%
2022年3月 3,908,700 16,877,183 9,514,000 30,299,883 2.1%
2022年4月 2,135,278 20,185,681 9,569,000 31,889,959 5.2%
2022年5月 6,162,591 14,746,707 9,669,000 30,578,298 -4.1%
2022年6月 6,142,662 15,892,106 9,724,000 31,758,768 3.9%
2022年7月 3,063,248 16,940,587 9,779,000 29,782,835 -6.2%
2022年8月 3,317,506 16,890,466 9,834,000 30,041,972 0.9%
2022年9月 2,985,132 18,212,640 9,834,000 31,031,772 3.3%
2022年10月
2022年11月
2022年12月

 

  • 個別株は米国株のみ(ほとんど)
  • 個別銘柄は5~10銘柄を中・長期的に保有し、新規買い入れの場合は持っている銘柄を入れ替える
  • 自信がある銘柄以外は、200%(ダブルバガー)になった時点で原資を抜く
  • 投資信託(主に米インデックス)を中心とする
  • 暴落後の買い相場を見据えて、定期預金から組入れを行う
  • 暴落時は米国3指数をみて、買いに入る
  • 大型株・高配当株を多く持ちすぎない

個人的なルールですので、決して参考にしないでください

ウェルスナビ

2022年9月時点

評価額 1,790,690円 (+420,690円) +30%

 

ミカエル
ミカエル

こちらも順調ですね

ちなみに2018年より月々4万円積立中です

 

ウェルスナビ公式サイト

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用
選ばれてロボアドバイザーNo.1(預かり資産・運用者数)。WealthNaviは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムを利用した、全自動のおまかせ資産運用サービスです。

 

THEO テオ

2022年 9月時点

評価額 769,403円 (+129,874円) +12

 

大人ミカエル
大人ミカエル

期間は「ウェルスナビ」とほぼ同時期ですが、

積立途中で一度売却したのが大きいですね

月々1万円積立中です

THEO公式サイトです

THEO [テオ] by お金のデザイン
プロとAIがいる、おまかせ資産運用。投資のプロが設計したアルゴリズムと、下落リスクの抑制を図るAIに、資産運用はおまかせ。

まとめ

現在

私 積立ニーサ 33,000

妻 積立ニーサ 33,000

子供3人 ジュニアニーサ 70,000

定期預金 30,000 (暴落時 買増し資金)

学資保険・年金保険 49,000

イデコ 11,000

ウェルスナビ 40,000

THEO     10,000

JEPI     60,000

合計 336,000円 毎月積立中

 

投資を始めて5年が経とうとしています。

その間にも、「アップルショック」で大損し「コロナショック」後のバブル相場で取り戻しました。

目標である金融資産1億円を達成するための種まき期間だと考えています。

その為に、「株式」だけでなく「太陽光」「不動産」「副業」といろんな事に挑戦しています。

もちろん会社経営をしておりますので「役員報酬」を自分で決めれる利点はありますが、将来的には役員報酬がなくても生活できるようにしておきたいと考えています。

投資の3原則(長期・分散・積立)を忘れずにこれからも精進したいと思います

以上 ミカエル2000でした

最後までお読みいただきありがとうございました🐸

 

資産状況
スポンサーリンク
mikaeruをフォローする
アッパーマス層を達成した男が準富裕層を目指す

コメント